研修・教育

 放射線治療では、治療の技術的な視点のみにとどまらず腫瘍学全体に精通し、がん診療の中でより適切な放射線治療の選択や提案を行うことが重要です。放射線治療は高精度化が著しく、低侵襲で優れた治療効果が期待できます。その適正な普及には、放射線生物学や物理学の理解に基づき、各種がんの様々な病態に応じた放射線治療を実施するための教育が欠かせません。                         

 当科では放射線腫瘍医として修得しておくべき放射線治療全般の臨床修練を行っています。

 下図の日本専門医機構の放射線科領域専門研修プログラムに準拠し、放射線治療専門医に合格するレベルを目標としています。放射線診断に関連した早期の臨床修練は放射線科と連携して行います。 

産業医科大学病院 放射線科領域専門研修プログラム

初期研修終了後4年目

放射線科専門医修得

放射線科と連携

初期研修終了後6年目

放射線治療専門医修得

        放射線腫瘍医    (Radiation Oncologist)

専門研修連携施設

  共愛会戸畑共立病院

  社会医療法人製鉄記念八幡病院

  北九州総合病院

  池友会福岡新水巻病院

  池友会福岡和白病院

  産業医科大学若松病院