研修・教育

 当科では放射線治療医として修得しておくべき " がん診療 " 全般の臨床修練を行っています。本学および他学卒業生を問いません。全身の臓器を対象とした根治治療から緩和治療まで、患者さんに寄り添い、幅広くがん診療に貢献できます。大変やりがいのある分野です。一方で、急速な放射線治療の進歩を十分に活用できる人材が不足しています。日本中の病院で人材育成が急務となっています。​当科では、バランスのとれた質の高い、柔軟な研修プログラムを用意しています。放射線治療のみならず化学療法や緩和ケア、画像診断・IVRも含めた充実した研修が特徴です。

癌全般図.png

充実した修練が可能なプログラム

 放射線治療では、治療の技術的な視点のみにとどまらず腫瘍学全体に精通し、がん診療の中でより適切な放射線治療の選択や提案を行うことが重要です。放射線治療は高精度化が著しく、低侵襲で優れた治療効果が期待できます。その適正な普及には、放射線生物学や物理学の理解に基づき、各種がんの様々な病態に応じた放射線治療を実施するための教育が欠かせません。

 薬物療法(殺細胞性抗がん剤、分子標的薬や免疫療法)や緩和ケアも含めたがん集学的治療を経験することは重要です。がん診療の様々な場面で最適な放射線治療を実践し、治療後には頼れる存在として患者に寄り添える腫瘍医の養成プログラムです。

 下図の日本専門医機構の放射線科領域専門研修プログラムに準拠します。放射線診断に関連した早期の臨床修練は放射線科と連携して行います。

 興味のある方は遠慮なくご連絡下さい。見学も随時、歓迎致します。

 アドレスは  j-houchi@mbox.clnc.uoeh-u.ac.jp です。または、大学代表電話(093-603-1611)から医局長 垣野内までご連絡ください。個人情報は適正に保護致します。

産業医科大学病院 放射線科領域専門研修プログラム

初期研修終了後4年目

放射線科専門医修得

初期研修終了後6年目

放射線治療専門医修得

        放射線腫瘍医    (Radiation Oncologist)

専門研修連携施設

 共愛会戸畑共立病院 がん治療センター

フライヤーv2.jpg
1648902775323.jpg