咽頭・鼻のがんに対する当科で実施可能な放射線治療

①根治的放射線治療

  • 中・下咽頭がんの根治的放射線治療は、高い制御率が望める早期癌(T1-2)では主たる治療法です。

  • 進行した癌では、嚥下や発声機能の温存を優先し手術療法をご希望されない場合や、全身状態や併存症により手術療法が困難な場合に行います。抗がん剤を同時に併用 (化学放射線療法) することで腫瘍を制御できる確率を高めます。また、中咽頭癌の腫瘍組織がヒトパピローマウイルスと関連している場合は、進行した癌でも化学放射線療法が奏効しやすく高い根治率が期待できます。

  • 上咽頭がんは、早期癌および進行癌で根治的放射線治療が主たる治療法です。治療効果を高める目的で抗がん剤を併用します。

  • 鼻副鼻腔がんは、手術療法と化学放射線療法を組み合わせて治療することが標準的です。抗がん剤の治療効果を高める目的で、がんを栄養する血管にカテーテルを直接挿入し、高濃度の抗がん剤を腫瘍に投与する投与法(動注)を行います。 

  • 患者さん一人ひとりのご希望や全身状態、併存症の有無などを基に、耳鼻咽喉科・頭頸部外科とのキャンサーボードを通じて治療方法を検討していきます。

  • 当科では強度変調回転放射線治療 (VMAT)と呼ばれる、高精度な放射線照射方法を採用しています。放射線治療後の唾液腺の分泌量低下などの副作用リスクを軽減することが可能です。さらに当院では、放射線治療の治療効果を高める目的で温熱療法の併用が可能です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

②手術療法後の再発予防を目的とした放射線治療

  • 手術療法を行った後に再発リスクが高い場合に、放射線治療の追加が必要です。腫瘍の周囲への浸潤が強い場合、リンパ節転移が大きい場合や多発していた場合などが相当します。放射線治療の追加により、再発を生じる確率が減少し予後が改善します。こちらでも高精度な強度変調回転放射線治療 (VMAT)を用いています。唾液腺の分泌量低下などの副作用の発症率を軽減できます。また、治療効果を高める目的で抗がん剤を併用する場合があります。

 

③少数個の再発・転移に対する救済的放射線治療

  • 咽頭、鼻副鼻腔や頸部リンパ節の再発、また少数個(1~3個程度)の遠隔転移 (オリゴ転移を生じた場合に、薬物療法に加えて救済的な放射線治療を選択することが可能です。

  • 遠隔転移は、肺の転移、縦隔などのリンパ節転移、骨転移などが対象となります。治療した腫瘍の高い制御効果が期待できます。特に5cm以下の少数個の肺転移に対しては、定位放射線治療(ピンポイント照射)が選択できます。

  • 過去に放射線治療が行われた咽頭、鼻副鼻腔や頸部リンパ節の再発では、摘出術が第一選択となります。摘出が困難な場合に、再度の放射線治療(再照射)が選択肢となります。通常、十分な量の放射線を投与できませんが、当院ではより腫瘍に対して高精度に放射線を集中させる強度変調回転放射線治療(VMAT)を用いることや、温熱療法(後述)を併用することで、治療効果の改善を図っています。 

 

④緩和的放射線治療

  • 他の臓器へ多数個の転移を生じている状況では、緩和的な放射線治療が適応となり得ます。腫瘍からの出血の止血疼痛の鎮痛嚥下の改善、また骨転移に伴う疼痛の鎮痛神経症状の改善といった症状緩和に有効性が高いです。緩和的放射線治療に必要となる放射線量は少ないため、治療に伴う副作用は軽微です。治療期間は2週間以内が多く、状況に応じて1~2日間の短期間の治療 (Quad Shot法など) も選択可能です。

  • 免疫チェックポイント阻害剤の治療効果を高める目的でも、放射線治療を追加することがあります。

図6.png

上咽頭癌で実施するVMATの線量分布です。

肉眼的な腫瘍への高線量投与 (70Gy)、近接する顕微鏡的な癌の進展範囲にやや少なめの線量(54~66Gy)を投与すると同時に、正常臓器の耳下腺 の平均線量を30Gy未満、脊髄を最大線量44Gy未満と副作用を生じるリスクの少ない線量に低減します。